「2012年4月」の記事

2012.04.27(Fri)

日々の出来事 2分間スピーチ

line

吉岡です。

 

今回は少し毛色を変えて

私たちが毎日行っている2分間スピーチ自体についてお話します。

2012.04.19(Thu)

2分間スピーチ紹介 スマイル給

line

こんにちは≪ 誠 ≫です。


今週の2分間スピーチ

『他社で行っている真似したい取り組み』で紹介したいのは

他社で行っている「スマイル給」についてのスピーチです。

社員同士で普段言えなかったりする

ありがとうや感謝の気持ちを送りあうと言う事でした。

 

調べてみると・・・・!

2012.04.10(Tue)

日々の出来事 桜が満開です♪

line
こんにちは

今日は2分間スピーチの話からはみだして
ちらっと桜開花速報を!!

今朝撮影した写真です↓

sakura_2_120410.jpg

今まさに満開!見ごろです。


精好のすぐ近くにある京都アクアリーナでは
毎年見事な桜並木が見られます。

sakura120410.jpg


この時期だけは、朝少し早めに家を出て
ゆっくりこの道を歩きながら出勤、というのが私の定番です。


今週末もまだ見られると思うので
お花見さんぽにぜひ!


ちなみに、このエリアだと
天神川沿いの桜もとてもキレイですよ〜!



以上、渡辺から
桜開花情報でした〜



2012.04.09(Mon)

2分間スピーチ紹介 心を込めて。

line
こんにちわ。
情報委員会の片山です。

すっかり桜も咲き誇り
春爛漫が到来しましたね。
みなさん、お花見には行かれましたか?

さて、毎朝している2分間スピーチからの話題です♪

私がグッときたスピーチは
営業担当さんからのお話でした。

打ち合わせにお客様のところへ
伺ったときのこと、
受付での対応や帰り際での対応が
とても丁寧で感動したというお話でした。

その話の中から見えたのは
「心を込める」ということです。

一言で
「心を込める」と言っても
簡単なことではありません。
忙しく過ぎていく毎日の中、
限られた時間の中、
一人一人の方々に
丁寧な対応や心を込めたおもてなしというのは
なかなか難しいものではないでしょうか?

それをしっかりとされている企業様というのは
取り扱われている商品にも
きっと心を込められているんだと思います。

簡単なことほど、
毎日続けることを大切にすれば
それはきっと必ず
大きな何かに繋がるはず。

私たちの会社に訪問していただける方みなさんへ
「心を込める」ことができれば
そこから伝わるものもきっとあるはず。

そんな当たり前のことを
改めて大切にしたいと感じたスピーチでした。


私たちは毎朝、2分間という限られた時間の中で
テーマに沿った出来事をまとめ伝えています。
それは自分自身の大切な経験となり
聞く人たちへも
新しい気付きを伝えるものです。

毎朝の2分間。
あっという間の2分間ではありますが
それはとっても大切な時間なのだと
感じています。

2012.04.06(Fri)

2分間スピーチ紹介 横のつながりって大切。

line

こんにちは。情報委員会の渡辺です

 

ついに4月ですね。春です。

早いもので社内報7号目も無事配布できました。

作り手が減ってしまい、ぜーはー言いながら

何かデザインの統一感ねぇなーと思いながら

マウスを動かしまくってたのは私です、はい。



さて、今月のスピーチのテーマは 

「他社で行っている真似したい取り組み」です。


他社での取り組みに目を向けることで、 

会社を客観的にみることができますし

良いと思うものは真似して取り入れてみると

新たな発見ができるかもしれませんね。


先週のスピーチを聞いて印象に残ったのは、

連休をとれるようにして

人が抜けてもカバーできるような仕組み作りであったり、

新人研修を行うことで会社の方針等の共通認識、

同期の一体感を作り出すなど

横のつながりを意識したものが多かったことです。


確かに横のつながりというのは、

励まし合ったり、フォローしたり

時にはライバルとなり、

私たちの日々の仕事をより良いものにするのに

欠かせないことです。


大企業のように、同期メンバーで何かする

ということはあまりないですが、

お互いフォローし合う気持ちが大切だと改めて思いました。



「こんな会社で働きたい」と思われるような精好であるよう、

私たち社員は日々頑張っております。


そしてまた6月発行の社内報に向けて

頑張る所存の情報委員メンバーです!ふぁいつ!



それではまた!




ページ: 1

ひらいて発見精好BOX 週刊社内報ブログは株式会社精好が管理・運営しています
Copyright (c) 2010- SEIKO. All Rights Reserved.

bottom